膝や股関節など足・脚のお痛みでお悩みの時、その痛みの場所そのものに原因があると考えて、何かしらのケアを施すことがよくあります。

ですが、それらの症状を引き起こしている原因は、患部にあるのではなく、負担のかかりやすい歩き方や足の使い方によって引き起こされている場合が非常に多いのです。

 

”患部=原因”ではないのです!

 

まさかご自分の歩き方に問題があるなんて、考えたこともないかもしれませんね。

 

ですが、ゴルフやテニスなどあらゆるスポーツで、それぞれに理想的なフォームというものがあるように、足の骨格構造でも

・自然で無理のない動かし方。

・理に適ったフォーム(歩き方)があるのです。

これを 生体構造力学(バイオメカニクス)といいます!

 

本来身体に備わっている自然治癒力により、ちょっとした傷は放っておいても修復されていきます。

それにもかかわらず外反母趾などが慢性化してしまうのは、負担のかかる動かし方という、好ましくない生活習慣が背景に隠れているからです。

 

そうこれらは生活習慣痛なのです!

 

特に足は、一番下から全身を支えています。

ですから、その負担のかかりやすい動かし方の影響は、足だけにとどまらず全身に及びます!

以下は間違った歩き方のせいで発生する可能性のある症状です。

思い当たることはありませんか?

間違った歩き方の影響で、、
・足の太さ ・横に張り出た横太もも ・大きなお尻 ・ぽっこりお腹

・猫背・足脚の疲れ、むくみ

 

など、美容面にまで及んでしまうとしたら、女性にとっては更に気になるところだと思います。

そして、今すぐ歩き方を学びたい!と思われたかもしれません。

 

ですが、足の問題を改善・解消するのに理論的にも信頼できる、健康のための歩行を教われる場所はまだとても少ないのが現状です。

モデルウォークを教えるスクールはありますが、美しさにフォーカスしており、健康のための歩き方とは目的が違います。

 

キュア整体院では「屈曲歩行」「二軸歩行」というヒトの身体の骨格の構造上最も自然な歩き方を基本とした、「ゆるかかと歩き(ネイティブウォーキング)」をお伝えします。

 

これはネイティブウォーキング協会代表の中島先生が、足の問題の根本的解決を研究する中で出会った、アメリカ足病医学の理論を基に開発された歩行指導メソッドです。

施術の現場で実際に足の症状に悩まれる方々のご協力のもと、試行錯誤して作られています。

ですので、とても理にかなったものであると共に、改善実績においても信頼のおけるメソッドです。

長年習慣となっている歩き方を変えていくことは簡単なことではありません。

ですが、その指導方法にも独自のメソッドが確立されていますので心配は要りません。

 

もちろんご本人の努力は必要不可欠ですが、80歳を超えるご年配の方も、杖をついている方も身につけられているという実績もあります。

 

足に問題のある方であればあるほど、初めて歩行体験したその日に

“衝撃的なまでの足の軽さ”“これまでの歩き方との違い”に驚かれます!

まずはぜひ一度、ご体験ください!!