〜〜スネの筋肉の痛み や はり感〜〜

〓症状〓

歩くときや走るとき、スネの前外側の筋肉に痛みやはり感がある

〓原因(どちらかというと、悪化要因)〓

使いすぎ(オーバーユース)

短距離走など、早く走る場合、足の前で強い着地をします。早く走るために、地面により強い反発力を与える接地が必要になります。激しいトレーニングで繰り返し強い負荷の運動を繰り返すことで、オーバーユースとなりスネ痛を発症する場合があります。

靴の形状

足に合わない靴や、かかとがすり減っているような、使い古した靴の使用などが原因で、スネの筋肉に負担がかかる場合があります。
また、仕事などで高いヒールを履き続けている人が、慣れないかかとの低い靴を長時間はいてしまったときにスネの筋肉の痛みを引き起こす場合もあるといわれています。

〓本当の原因〓
これらの原因として、オーバープロネーション(過剰回内)がかかわっていることが十分に考えられます。

オーバープロネーション(過剰回内)足の場合、着地する際に着地衝撃を逃す事が出来ず、着地衝撃の力がスネにも行くことにより、
痛み や はり感が出ます!!

その為、外反母趾の改善を求めキュア整体院にくる方のスネの筋肉は、触るとカチカチに固くなっています。

ほとんどの方のスネの筋肉はカチカチに固くなっていますが、キュア整体院でスネの筋肉を触られるまで、スネの筋肉が負担で固くなっている事にも気づいてない方が沢山います。

この気づかない人は、鈍感だから気づかないのではなく、
長年の蓄積で少しずつ固くなっていったので、気づかないのです。

そして、キュア整体院でスネの筋肉を触られて
初めてスネの筋肉の負担が自分でわかるのです。

なので 初診で初めてスネの筋肉を触られた時に

『先生にほぐされると固いのがわかります!』と驚かれます。

そんな人も、キュア整体院でゆるかかと歩行をすると、スネの筋肉への負担が減っていくので、
来られるたびにスネの筋肉が柔らかくなっていきます!

スネの筋肉を自分で触ってみて、筋肉が凹んでいかないほど固い方、少し凹んでもゴリゴリはり感がある方、歩く際にスネの筋肉に痛みやはり感がある方、

キュア整体院までご相談くださいませ!

そのまま放置しておくと、自分で思ってる以上にどんどん身体に負担がかかり、たまっていきます!

Follow me!